パワーストーンイメージ

偽物とまったく気がつかなかったパワーストーン

温泉めぐりが大好きな私はよく旦那と一緒に秘湯へ行きます。
東北には神社仏閣と隣り合わせになった温泉も多く、あまり利便性の良くない場所にいいお湯があったりするんです。
その温泉は神社に隣接していて、神社のご本尊は後ろにそびえ立つ山のようなのですが、その山からは古くから水晶がよく採れるそうで、水晶付きのお守りや、水晶の結晶体が神社のお守り売り場で売られていました。
旅の記念に私もひとつパワーストーンが欲しいなと思い、無造作にごろごろと置かれた透明な水晶の結晶体が、野趣溢れる感じがしていいなと思いました。
お店の巫女さんの格好をしたおば様が、枕の下に入れるといい事あるよ、なんて言うのですっかりその気になって、なんとなく目についた高さ5センチ程の手のひらにすっぽり入る水晶の結晶体をひとつ1300円で買いました。
その値段が高いのか安いのかわからなかったのですが、隣で売ってるお守りが1500円と結構高かったので、そんなもんだろうという感じで買いました。
家に帰ってからさっそく厄除けになるし金縛りにあわなくなると神社のおば様が言っていたので、枕の下に入れて眠るようになりました。
ところが特に変化はなく、旦那は相変わらず金縛りに定期的にあい、枕に入れて寝ようが何しようが変わらないのでした。
そこで水晶は浄化をしてあげないといけない、と誰かが言っていたのを思い出し、月夜の夜に月光浴をさせました。
しか相変わらず金縛りにあう夫。
いろいろな浄化法があるということを知って、塩で清めたり、クラスターを買ったりしましたが、やはり特に変化はありませんでした。
そんなことから数年経ち、ネットサーフィンをしていたら、水晶の本物と偽物の見分け方というのがサイトに乗っていてピンときました。
すぐに箪笥の肥やしになっていた水晶を引っ張り出し検証してみました。
やり方はとても簡単で、白い紙に細いペンで線をまっすぐにひきます。
もしくは、ノートの罫線でしっかり直線になっているものを使うという方法でもいいです。
とにかく真直ぐな線を用意し、その上に水晶を乗せます。
天然の水晶はガラスやアクリル体と屈折率が違うので1本の線が2本に見えます。
とても繊細なぶれているような線になるようですが、ガラスを置いた時のように歪みがまったくない見え方にはならないようです。
案の定、水晶と信じていた私のそれは直線に見えました。
知っていれば防げた事だけに、ちょっと悔しかったです。

Copyright(C) 2010 願い事を叶える.com All Rights Reserved.